YAPC::Asia 2006 Tokyo Sessions

混合語 (Kongougo)

It is well known that Larry Wall stole lots of good bits from other programming languages to create and then extend Perl. But Perl's position as the most eclectic Programming language has been threatened by Ruby, created by Matsumoto Yukihiro by stealing all the best bits from Perl. Larry responded by stealing all the good bits from Ruby to use in Perl6, but he soon realised that this would not be enough. To defeat Ruby, Larry will use his impressive linguistic skills to steal from Matz's native language:Japanese.

This talk starts by examining the existing similarities between Perl5 and Japanese, then looks at some of the new Perl6 features that Larry stole from Japanese.

Larry Wall は、他のプログラミング言語から多くのものを盗み、Perl を拡張してきたことはよく知られています。ですが、もっとも折衷的なプログラミング言語としての地位は、 Ruby の作者であるまつもとゆきひろ氏が Perl から多くのものを盗んだことにより、脅かされてきています。

それに対して Larry は、Ruby のいいところを盗んで Perl6 にとりこんでいますが、それでは足りないということに気づきました。Ruby を打ち負かすには、Larry は自身のすばらしい言語学の才能をもって、Matz の母国語である「日本語」から盗む必要があったのです。

このトークでは、Perl5 と日本語の類似性から始まり、Perl6 の新機能のうち日本語から盗んだと思われるものを、いくつか解説します。